【衝撃の事実】日本軽視の転売商材PS5、謎の山積み

池袋で偶然目にしたプレステの闇とは!?

んんんんんんん!?

こ、これはまさか……あの転売ハードPS5では!?

ジム・ライアンによる日本軽視の一環で、一向に本体が出回らないPS5。
そうはいっても一応、数字上は既に100万台以上普及しているはずなのですが、PS5で現状最も売れたとされるのがファミ通集計によると『バイオハザード ヴィレッジ』の72,761本。

およそ一般的にハード発売初期にはキラーソフトと呼ばれるようなソフトだと4割以上、普及限界のハード末期でも2割程度の割合で売れることを考えると、本体が100万台以上売れているのに、7万本しかソフトが売れていないというのは異常な比率です。

Yahooでニュース記事を書いている胡散臭いサブカルライターじゃあるまいし根拠のないDL版が売れているみたいな詭弁は無意味です。DL版が売れるソフトはパッケージも売れますし、DL版だけが売れるなんてことはない上に、ただでさえPSはソフト価格の下落が激しくDL版を買うほど損をするので、ますますあり得ない。

つまるところこれらのことを鑑みると、PS5は実質的には100万台も売れてない。というよりキチンと国内の消費者に渡っている台数で言えば精々半分の50万台くらいではないでしょうか。

いずれにしても本体が売っておらず、昨今の半導体不足も相まって今後しばらくは状況に改善が見られないだろうということが予想されますが、そんなPS5が山積みに!?

乙女ロードの裏手の道を歩いていて見かけたのですが、一旦通り過ぎた後、なんかあの箱見覚えがあるな……と、良く目を凝らしてみると、積まれているのはPS5。

本体が少なく転売商材と言われていたので、一度にこれだけの数を見かけて本当に驚きました。

しかもよく見ると、山積みにされているPS5の後ろにはXbox Series Xまで積まれています。外箱の感じからすると昨年末に発売した「Halo」シリーズ20周年記念の同梱版「Xbox Series X Halo Infinite リミテッド エディション」じゃないかと思うのですが、Xbox Series X|SはPS5に輪をかけてこれまであまり見かけなかったので実際のところは分かりません。ただ通常版の外箱とは違う気がする。
※デザイン的に限定版かと思いきや通常版の化粧箱にもマスターチーフが描かれているとのこと。流石はXboxの看板タイトルですね。しかし、大手家電量販店で販売しておらず、12/20~1/2の年末年始期間のファミ通集計ではXbox Series Xの販売台数は僅か471台。このような場所にこれほど大量に在庫があることは極めて不可解です。

疑惑の光景に強烈な違和感を覚えながらその場を後にした管理人。
と言いながらも、この付近には佐川やヤマトの営業所があるので、それ関係かなと思っていました。そう、そのときは……。

そして明かされる衝撃の事実

それで片付けてしまっては名折れというもの!
気になったことは調べないと気が済みません。

そこで、そのまま会社名を検索してみることに。
検索エンジンに「インフィニティ株式会社」と入力してみると、出ました。事業内容「家電小売りおよび卸、海外輸出」。中国の会社みたいですね。代表の方もそうですし、大連と広州に支社がある模様。

日本でも「EC-WORLD」という家電・パソコンの通販サイトを運営しており、他にはコスメや水素水 生成器などを販売しているみたいです。

そしてゲーム機も販売しています。
取り扱っているのはPS5のみ!

あっ…(察し)

98,500円って……。
現在完売となっていますが、山積みになっていたことを考えればそのうち大量入荷されるんでしょう。因みにアウトレットで外箱に傷有りのPS5もあるのですが、そちらはお値段115,000円と訳アリ品の方が高いという謎。

PS5の買取と言えば何かとルデヤが話題に上がりますが、知らないだけで実際こういうところが沢山ありそう。まさに氷山の一角。

そこで前段の疑問に戻るのですが、幾ら転売されているとはいえ、転売といっても最終的に購入するのはエンドユーザーのはずです。転売如何に関わらず本体が100万台以上売れているなら、ソフトはそれに伴った本数売れるはず。本来はバイオが30万本くらい売れていてもおかしくありません。

※ハードが1台売れたとき、ソフトが何本売れたかを示すタイレシオ。PS5は最低基準値の1を大きく下回っている。

にも関わらずそうなっていないということは、売れているはずのハードは何処に行ったのか。こういったことを見てしまうと、PS5はただでさえ日本国内への出荷台数は少ないですが、最大限見積もったとして、その少ない台数の半数近くが海外、中国などへ輸出されているというのが自ずと明らかなってくるのではないでしょうか。

欲しいのに売ってなくて買えないという人には何とも腹立たしい話ですが、とはいえ幸いなのはPS5独占のゲームというのも現状これといってありませんし、あったとしてもファースト製のソフトであろうがおいおいPCにもマルチで発売されるので、そこは気楽ですね。

国内メーカーで言えば今のところFF16のスクエニくらい。結局、独占だったFF7Rの追加コンテンツであるユフィもEpic Games Storeから配信になりましたし、ますますPCあれば良くない? になりつつあるのはハードの独自性が失われるという点で悪手のように思いますが、どうなんでしょうね。

XboxはPCと一体化が進んでいるので差別化する意図があまりありませんが、CSハードがただのPCの下位互換みたいな位置づけになったらそこに価値があるのか甚だ疑問です。

それにしても思いがけずPS5のカラクリを目撃してしまいましたが、PS4のソフトシェアも昨年劇的に低下していましたし、PS5は誤差レベル。興行収入が400億円を突破した日本映画史上歴史的1位の鬼滅がゲームだとあれほど売れないのは別の意味で衝撃でした。酷すぎ。昨年のPSのソフトシェアは足して10%程度でしたが、今年は更なるPS4の縮小が見込まれるので両ハード合計しても5%くらいになりそう。そうなったらもう事実上存在しないみたいなものです。

いよいよ日本から消滅しかかっているプレイステーション。

遂にプレステの歴史が終了してしまうのか!?

相次ぐ転売。今後の行方は?

※追記

今年中に品薄は解消する?
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

半導体不足が2023年まで続くと言われていますが、だとすれば日本への出荷台数が大幅に増えることもないので、現在の品薄状態が是正される可能性は低そうです。SIEAはあからさまに日本を軽視しているので、日本への出荷を増やすくらいなら北米や欧州、他の第三国へ回すではないでしょうか。

抽選販売をしても8割がBOTで転売ヤーが買い占めていくとか言われてましたが、クレカ必須などの転売対策をするにしても、そのような対策をしている時点で普及台数が増えることはありません。日本政府が転売規制を進めているという話も出ていましたが、どれほど効果、即効性があるのは未知数です。

このままだと、本体が普及しない→ソフトが出ない→ソフトが出ないから本体が普及しない→(以下ループ)……という負のスパイラルに突入しますが、そもそもこの日本の状況をなんとか挽回する気があるのかどうか、正直これまでの動向を見る限り、ないんだろうなぁ……。


最新情報をチェックしよう!