新型コロナウイルスは現代の魔女狩り? 東京と他県の差が凄い!

最早、気にしてならない東京都民

すっかり暑くなりましたね!
新型コロナウイルスはもとより、熱中症にお気をつけください。

今日も今日とて300人以上の新規感染者が出ている東京ですが、5月頃の状況と打って変わり、既に街は大賑わい。もうそんなこと気にしてられないとばかりに経済活動が再開しています。飲食店やカラオケ店などには再び営業時間短縮の要請が出ていますが、これだけ通常通りになってくると、正直どこまで効果があるのか疑問です。

一方、知り合いに話を聞くと、実家から帰って来るな!
とか言われているみたいですね。

自分の家族だけならまだしも、東京から帰ってきたということが他の人にまで広まると、それが伝播して周囲から白い目で見られたりもするそうなので、迂闊に帰郷も出来ないとか。それで自殺してしまった人とかもいたりするみたいですし、すっかり現代の魔女狩りになっています。

一方、目下管理人の周囲では「もう気にしてられねぇ!」とばかりに開き直っているような人の混雑具合なので、色んな意味で温度差を感じるところです。

新規感染者が増えているとっても、東京都のモニタリング数字を見ると、状況は変化しつつあるようですが、イベントの緩和も見送られましたし、今後かなり影響が出てきそうな情勢。こんなんで来年のオリンピック・パラリンピックに間に合うのでしょうか?

重傷患者は減っている?

東京都のHPで公開されているモニタリングの数字を見ると、重症患者数は20人前後で安定しており、5月頃の100人を超えていた頃からすると1/5程度に減っています。医療体制の拡充によるものだと思いますが、これをどう見るのかということじゃないでしょうか。

その辺の状況が3ヶ月前とは大きく変わっているので、これといって政府が強い対策を打たないグダグダの状況になっているように見えるんだと思いますが、正直、大都市は何処も打つ手なしなのでは?

再び経済活動を完全に止めるようなことは出来ず、かといって無制限に緩和することも出来ない。中途半端な状況が続きそう。大都市はもう割と諦めの境地に達しているような気がします。世界情勢も荒れに荒れていてアメリカ、中国間の争いも激化していますし、今回ばかりは日本も主要なプレイヤーという状況。コロナ禍からステージが移っているように見えます。

こうなると逆に地方の方が辛そう。感染したら一貫の終わりというか、それこそ岩手県じゃないですけど、感染者の洗い出しが行われ、村八分どころか県八分にされるような状態だと厳しいですね。企業としても感染者を出せませんし、何かしらイベントをやるにしても割り切ってるやるにはリスクが高すぎるという。感染すれば戦犯扱い。

大都市と地方ではそういう部分で意識格差が凄そう。
この辺だと割ともう感染したらしょうがないくらいの吹っ切れ方ですが、そうはいかないところだと槍玉に挙げられるでしょうし、このままだとお盆の帰省も難しいでしょう。

管理人としても、今年は夏コミもないので、お盆はゆっくりすごせるなと思っていましたが、このままだと何処にも行けなそう。というか、東京から出るな状態。東京ハブです。

今回の騒動を引き起こした中国は奇行に磨きが掛かっていますし、このままどうなってしまうのか!?

皆さんもお気をつけください。

最新情報をチェックしよう!